50代で精力を取り戻す方法と上手な精力剤の選び方とは

50代で精力の衰えを感じる理由とは

加齢

人間の体には、色々な臓器や組織、細胞があり、それぞれの役割を担い、体の機能を動かしています。ところが、人間の体にある臓器や組織の働きは年齢を重ねるごとに衰えてきます。

男性の生殖機能についても例外ではなく、ほとんどの人が50代ごろには精力の衰えを感じるといわれています。

人間の体の機能は20代がピークで、30代を過ぎたあたりから徐々に機能が低下していきます。男性の生殖機能も同じように、20代はピークで、30代を過ぎると機能が徐々に低下していきます。

精子の量や運動量の低下だけでなく、筋力の低下によって生殖器そのものが勃起しなくなったり、性欲が減退したりもします。

完全に勃起力が無くなるのではなく、勃起時の硬さだけ落ちたり、勃起していられる時間が減ったりする場合が多いため、完全なEDではないというのも困りものです。

体力や回復力の低下

寝不足や疲れなどの肉体的な疲労を感じると、性行為よりも睡眠や休息を求めるようになるため、性欲の減退にも繋がります。

さらに、筋肉に疲労がたまると筋力の低下を招くため、勃起力もなくなってしまいます。そのため年齢を気にせず、大変であっても筋トレして体力維持を心がければ、性欲、精力ともに減退せずに満足のいくセックスができるよう維持できる可能性があります。

さらに、50代になると全体的な体力や疲労回復力も20代のころに比べると衰えています。疲れや寝不足になり、睡眠や休息を取っても回復する前に時間がかかってしまうため、減退した精力の回復を諦めてしまう人も少なくないのです。

きちんと運動習慣を確立すれば、精力は増強できますので、諦めずに、筋トレが辛くても努力するときっと良い変化がでてきます。

今までの生活習慣

精力が衰える原因は多岐にわたり、その中に生活習慣があります。飲酒や喫煙の習慣は、精力が減退する原因にもなります。飲酒によってアルコールが体内に入ると、肝臓ではアルコール分解が起こり、体の中の水分量が失われます。

体の中の水分量が少なくなり、肝臓でのアルコール分解のために血液も肝臓に送られるようになると、生殖器への血液の循環が悪くなり、勃起力が失われてしまいます。

水分を多めに補給していても、体内の代謝が落ちたり、栄養が余計に消費されたりすると勃起したり、セックスしたりするだけのエネルギーが足りない状態になりますので、根本的にアルコールを飲みすぎないというのが一番の解決策です。

さらに、煙草に含有されているタールやニコチンや、精子の質を低下させたり、血液の循環を悪くさせることによって勃起力を低下させたりします。

飲酒や喫煙の習慣を若いときから続けている場合、飲酒や喫煙の習慣がない人よりも精力の衰えを感じやすくなります。煙草は100%有害なので、精力減退で悩んでいるならば、禁煙を本気で考えるべきときです。

禁煙して、運動習慣を取り戻すのには短くても1年から2年はかかると考えましょう。長丁場の戦いになりますので、より真剣な対策と精力剤などを頼った具体的な行動が必要です。

また、インスタント食品やレトルト食品、コンビニ弁当や外食などに頼りがちで、バランスの悪い食生活を続けているのも精力が衰える原因です。

人間は小腸で多くの栄養を吸収しますが、食品添加物を吸収しても栄養にはならず、体内で栄養にもならず、分解しようとしても分解されずに体外に排泄されるため、直接害がなかったとしても、その排泄のためにエネルギーロスが生まれてしまいます。

また、塩分のとりすぎや崩れた栄養バランスの食事は、場合によっては骨や筋肉を犠牲にして、ギリギリ生きながらえるような現代の新型栄養失調を招く可能性があり、実は危険な状態です。

男性の生殖機能にも深い関わりのある亜鉛やアミノ酸の不足に繋がります。

若い時からの習慣が積もり、50代で生活習慣が原因の精力の衰えを感じることも多くなっています。50代になってからでも、食生活を変えれば、体力にも精力にも変化は必ず出てきます。

今、はじめて食事に気を遣う場合には、肉が相性が良いのか、野菜が相性が良いのかよく分からずに食事を工夫することになるはずです。

人によっては大豆からのタンパク質が向いていることもあれば、動物性のタンパク質が向いている場合もありますので、早めに食生活を変えて分析し、あなたにとって一番相性の良い食生活を見つけましょう

年齢からの落ち着き

50代になると、仕事でも一定の役職を与えられていたり、責任のある仕事を任されたりすることが多いです。私生活でも、気力や体力の衰えから、若い時から行っていた運動の機会を減らして新しい趣味を見つけることも。

また、子供がいればある程度大きくなっていて、すでに親の手から離れていることも少なくありません。

年齢を重ねることで、生活環境にも変化が起きたり、経験や実績も深くなったりしますので、自分自身も落ち着きが出る時期でもあります。

若い時には血気盛んだった人でも、50代になると丸くなることも珍しくありません。年齢的な落ち着きができたことで、性欲が減退して性欲が沸かなくなる人も、50代では多くなっています

生活の変化もほとんど終わって、再び夫婦一緒にのんびりできる時でもあります。

このタイミングに備えて、精力増強し、最初の告白やプロポーズのときのように真剣に、もう一度奥様を口説き落とすくらいの気持ちでお誘いするとすんなり応じてくれる可能性もあります。

最初は恥ずかしがってデートのお誘いにものってくれないかもしれませんが、少しずつ最初から奥様を女の子扱いして素直に気持ちを伝えれば再び愛し合えるときが来るはずです。

50代で精力を取り戻すためにできることとは

生活習慣を見直してみる

若いときと同じような食生活を続けていたり、喫煙や飲酒の習慣があったりする場合には、生活習慣を見直してみると精力を取り戻すきっかけになることがあります。

栄養バランスの良い食事をこころがける、禁煙をする、休肝日を設けてお酒の量を減らす、などです。禁煙、禁酒は最も効果があるので早めに実施したほうが良いです。

早寝早起きも大切ですが、それよりは代謝を高めつつ、加齢臭対策をして、運動習慣を身につけるのが一番大切です。

無理をしないこと

若いときのように短い睡眠時間でも活動していたり、疲れを感じても休息を取らなかったりすると、50代では回復力も低下しています。

よって、睡眠と休息を取っても疲れがたまったままになってしまうこともしばしばあります。疲れや睡眠不足を感じたら、適度な休息を取るようにして、無理をしないようにしましょう。

十分な準備運動、ストレッチ、少しずつ負荷を増やす運動を心がけるなど、工夫しないと怪我をしてしまいます。50代にもなって怪我をすると回復するために相当時間がかかる上に仕事にも影響があります。

十分、自分の体をいたわってトレーニングを行うようにしましょう。

また、ストレスも精力が減退する原因のひとつです。責任のある立場になっていることも多い50代は、色々な面でストレスを感じやすい年代でもあります。

ストレスを感じたら、上手に解消できる手段を身に着けて、ストレスを溜めない生活を送りましょう。

張り合いや楽しみを見つける

50代になると、子育てや仕事もひと段落して、気持ち的に落ち着きも出る年代です。新しい趣味を見つけたり、奥さんやパートナーの方と旅行やデートを楽しんでみたりするなど、人生の中で新しい楽しみや張り合いを見つければ、気持ちも若々しくなり、失っていた性欲や精力を取り戻すきっかけになることがあります。

適度な運動をする

運動不足になると体の血流が悪くなり、新陳代謝も落ちてしまいます。50代は、加齢によって新陳代謝も落ちているため、適度な運動を取り入れれば、体の血流促進にもつながり、勃起力を取り戻せる可能性もたかくなります。

さらに、運動によって体温があがると、体の代謝も上がって脂肪の燃焼効果も得られます。脂肪が燃焼されると、血中の脂質も適度に体外へ排出されるため、体脂肪も減って筋肉量も上がり、精力や勃起力の向上にも繋がります。

精力剤を使う

男性の体はとてもデリケートで、色々な要因で精力が衰えてしまいます。よって、失ってしまった精力を取り戻すために、多くの男性に利用されているのが精力剤です。

精力剤を上手に選んで取り入れれば、50代の方で精力の低下に悩む人の強い味方となります。

50代におすすめの精力剤選びのポイント

生活に取り入れやすいものを選ぶ

50代は、仕事でも忙しい日々を送っている人も多い年代です。精力剤を生活の中に取り入れようと思っても、摂取するのに手間がかかるものでは、なかなか取り入れられません。

サプリメントタイプなど、いつでもどこでも服用できる精力剤を選べば、ライフスタイルや自分が精力を得たいと思ったタイミングなどで使えますので、50代の方の生活の中にも取り入れやすいです。

服薬や通院をしている場合は医師に相談してから

精力剤の中には、含有成分によって薬の成分との相性が悪いものもあります。

精力剤を導入したい50代の方で、持病があって通院していたり、服薬していたりするときには、精力剤を飲む前に、必ず医師や薬剤師に相談をしましょう。

無理なく続けられるものを選ぶ

精力剤によっては、継続的な服用によって効果が期待できるものもあります。長く続ける上では、生活の中で取り入れやすいものはもちろん、コスト面でも無理なく続けられる精力剤を選びましょう。

一度に飲む量が多すぎると大変すぎて長続きできず、三日坊主の方は自己管理を厳しくしていかないといけません。きちんと改善した生活と運動習慣、サプリメント摂取を継続しないと意味がありません

さらに、精力剤によっては服用した人の体の状態や体質によって、効果が得られない場合が稀にあります。万が一効果が得られなかった時にも、返金保証が受けられる精力剤を選ぶと安心です。

家族にばれたくない時には配送に工夫しているものを選ぶ

50代の男性の中には、精力剤を服用していることを家族にばれたくない、と考える人も少なくありません。

毎月定期的に郵送されてくる精力剤を購入する時には、商品名や企業名の記載のない、無記名の封筒や箱で郵送されてくる、など精力剤と分からない方法で郵送される精力剤を選べば安心です。

ベガリア

精力剤サプリメントの中でも人気が高く、有効成分30種類を補給できるベガリアには、シトルリン、アルギニン、亜鉛、オルニチンなどの精力増強効果が一定まで医学的に検証されている成分が含まれています。

シトルリンとアルギニンは特に有名ですが、亜鉛で精子の生産量を増やしたり、オルニチン補給で尿素回路、クエン酸回路という代謝を促進して血行促進させるような働きを支援することができます。

成分数は少なめの約40種類ですが、成分濃度が高いので1日に必要と言われている栄養分を十分補給できるはずです。配合量の詳細は公開されていないですが、他の成分数だけ多い精力剤サプリメントに比べれば、信頼できる濃度なのは間違いないでしょう。

 

⇒【ベガリア】更なる効果分析結果はこちら!

ゼノシード

精力剤としての有効成分を含んでいるサプリメントで、1日1錠飲めばよいという継続しやすい商品です。

ただ、一度に摂取するカプセル量が少なく、成分量のトータルが少なくなりやすいため、配合量が明確になっていないうちは効果が確実かどうかは断言できず、各自で摂取量を1日2錠、3錠程度までは増やしても良いでしょう。

過剰摂取するほどの飲み方はいけませんが、1錠だけでは補給できない成分があるため、ゼノシードはあくまで食事中心で、追加で栄養補給をするためのサプリメントです。

精力増強や性欲アップには働きかけてくれますが、ペニス増大までは期待できないので、まずは3カ月欠かさず継続してみて、不足するのか、どんな効果が感じられるか、逆に効果がないか、2錠、3錠飲んでも副作用が出ないかを確かめながら飲む必要があります。

 

⇒【ゼノシード】更なる効果分析結果はこちら!

 

50代でも上手に精力を取り戻そう

50代の男性が精力の衰えを感じる理由や精力を取り戻す方法、精力剤の選び方をご紹介しました。ここでポイントをまとめておきます。

  • 50代は、加齢に加えて生活習慣の蓄積、体力や回復力の低下、年齢的な落ち着きが出る人が多いため、精力のおとろえを感じることも珍しくない
  • 50代で精力を取り戻す方法は、生活習慣の見直しや適度な運動、無理をせず休息を取る、張り合いや楽しみを見つける、精力剤を取り入れる方法がある
  • 50代の精力剤選びは、ライフスタイルやコスト面で無理なく続けられるもの、郵送方法や返金保証などの配慮があるものを選ぶか、通院や服薬している場合は医師や薬剤師に相談してから導入する

これらを踏まえて、50代で精力を取り戻すきっかけを得てください。

結局は食事と運動習慣を改善して、常に体内に適切な濃度で栄養が維持されていれば精力増強に成功する確率が高まりますので、精力剤、サプリメントも合わせて賢く挑戦しましょう。

⇒【50代にオススメの精力剤】分析&ランキング結果はこちら! 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング

error: Content is protected !!