ハーブ系の精力剤の効果ってどうなの?どんな商品がある?

精力剤ってどんなもの?

精力剤ってそもそも何なの?

精力剤とはズバリ、『男性の性に関する機能を増強させる』医薬品、もしくは健康食品のことを言います。「精力剤って、なんとなく分かるような気もするけど、はっきりとは知らないし、ちょっと人には聞きにくいかも…」と思ったことがある人もいるでしょう。

自分のペニスが弱っているというのがはっきりバレてしまうのと、自分の体が弱いというアピールになるので、多くの男性は隠したがります。

具体的かつ詳細に説明すれば、精力剤は男性の勃起やペニス増大を助けたり、体力を高めたりする働きがある医薬品や健康食品ということです。

バイアグラも、ベガリアもゼノシードも、栄養ドリンクも総括して精力剤と呼びますが、その効果によって名称が細かく分かれます。

年を取るにつれて、体力もなくなったし、夜の生活も昔のようにはいかなくなったな、と悩む男性はたくさんいます。そんな人たちにとって、十分な効果がある精力剤は救世主のような存在だと言えるでしょう。

精力剤ってどんな種類があるの?それぞれの効果は?

精力剤の種類について紹介します。

強精剤

強精剤とは、性欲の向上、勃起力の向上に効果がある精力剤です。強精剤を飲むと、ホルモンのバランスが整い、間接的に精力増強に繋がります。

直接的な効果ではないので実感が湧くまでに時間がかかりますが、身体への負担はそれほどありません。日頃の食事に追加で毎日摂取するとちょうどよく栄養補給できるでしょう。

強壮剤

強壮剤は、医薬品ではなく、健康食品に分類されています。強壮剤を飲むことで、体全体の活力を上げ、男性機能を回復させる効果があります。

その結果、勃起力や射精力など、男性機能の回復が見込めるということになります。この強壮剤は、性的な機能にだけ焦点を当てているものではありません。

強壮剤は、どちらかといえば即効性はないのですが、食品ですから副作用の心配もなく、穏やかに精力を高めていく効果が見込めます。

勃起薬(ED治療薬)

勃起薬は「薬」という字がついてある通り、医薬品に分類されています。その名の通りですが、勃起力を回復させるための薬で、バイアグラやレビトラなどがこれにあたります。

勃起薬は医薬品のため、医師にかかり処方箋を発行してもらわないと、購入することができません。医師にかかることに抵抗がある場合、海外製のものやジェネリックを個人輸入するという方法もありますが、過剰摂取・副作用などの心配もあるため、おすすめできません。

どうしても、医師にかからずにバイアグラのジェネリックを入手したい場合は、副作用なども理解したうえで、完全に自己責任ということになります。

勃起薬はあくまで勃起力に焦点を絞った医薬品であり、性欲向上や精液の質や量に関しては効果はありません。ここが、強精剤と勃起薬の違いです。

勃起薬は勃起だけはできますが、必ずしも性欲が高まるわけではありません。強精剤は勃起はできないかもしれませんが、性欲を高めるのは助けてくれます。広義での精力剤は、大きく3つに分けられるとされています。

ハーブ系の精力剤の効果について研究してみた

ハーブ系の精力剤はどんなハーブから作られる?その効果は?

ここからは、精力剤としても利用されている天然の漢方やハーブ類についての情報をまとめておきます。サプリメントがなくても、これらのハーブ系や漢方系の精力剤を食材として補給できれば、精力増強効果はある程度見込めます。

ただし、禁酒、禁煙するなど健康を意識した生活をしていないと効果はほぼありません。

マカ

マカは、南米ペルーで生産されている植物です。標高4,000メートル以上もの高地で栽培されており、ミネラル分を豊潤に含んだ土地で育つため、ミネラル分が非常に多く含まれています。

例を挙げると、ビタミンB1,B2,B6,B12,C,E、タンパク質、カルシウム、鉄、ヨード、リン、カロチン、亜鉛など、多岐にわたる栄養素を含有しているのです。

非常に貴重なハーブであるマカは、疲労回復・滋養強壮・精力増強に効果があるとされています。精力増強だけでなく、二日酔い予防にも働きかけてくれるので、知名度が高いですが、スーパーフードとしても実は注目されている食材です。

ムイラプアマ

ムイラプアマは、ブラジルが原産地であり、ジャスミンによく似た香りがする天然のハーブです。アマゾンの原住民の間で、「ムイラプアマは性機能の回復に非常に効果がある」と言い伝えられてきました。

ムイラプアマには、血流を促進させたり、体を温めて体温を上昇させたり、性欲を増強させる効果があります。主に代謝を高めて、結果的に精力も高まるだけで、股間にのみ限定的に作用するわけではありません。

なんと、ムイラプアマを服用した男性のうち、半分以上の男性が、「勃起力を回復させることに効果があったと思う」と証言したそうです。副作用としては、肝機能にやや影響があるという説もあります。肝臓が悪い方は注意が必要でしょう。

トンカットアリ

トンカットアリは、熱帯雨林に見られる灌木です。主に、マレー半島、インドネシア、スマトラ、ボルネオなどで生育しています。

地元民の間では、古くから薬の代わりとして利用されていたという歴史があります。トンカットアリは木ですが、その根がハーブとして利用されてきました。

根っこを砕いて細かくして飲むことで、テストステロン(男性ホルモン)の分泌を活性化させ、体力増強、男性の性機能の回復などに効果があると言われています。

その他にも、産後の回復、傷の修復、解熱、炎症、腫瘍などの改善に効果があるとされています。トンカットアリは現地の人によっては大切な民間療法の素材です。

トリビュラス

トリビュラスは、和名「ハマビシ」と呼ばれています。トリビュラスの特筆すべき点は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進させる働きです。

その結果、骨や筋肉の成長も促進され、精力の増強にも効果があるとされています。日本でも自生しているハーブですが、ヨーロッパで多用されているようです。あまり名前は聞かないですが、ひっそりと精力剤に含まれていることがあります。決して怪しい成分ではないので安心してください。

クラチャイダム

クラチャイダムは、熱帯地方で栽培されているハーブです。別名、黒コショウ、黒ウコンと言われています。主にタイで栽培されていて、昔から愛されているハーブです。

日本では、沖縄で一部栽培されていますが、栽培に適した緯度の関係上、赤道直下にある地域での栽培がベストです。クラチャイダムは、ミネラル、ポリフェノール、食物繊維、アミノ酸、アルギニンなどを豊富に含んでおり、体力向上、精力増強に非常に効果があります。

これがおすすめ!ハーブ系の精力剤をご紹介

ベガリア 手放せなくなるリピーター続出!圧倒的な商品クオリティ!

 

ベガリア

体内でアルギニンに変換されるL-シトルリンをはじめ、アカガウクルア、L-オルニチン、トンカットアリ、マカ、亜鉛を主成分とし、ほかにもニンニク、イチョウ葉、ムイラプアマ、カンカニクジュヨウなど、男性にはおなじみの成分から生薬にも使用される原料まで約30種類を幅広くふんだんに配合しています。

アカガウクルアの主成分であるフラボノイドや、トンカットアリの主成分ユーリコマノンの1日の摂取目安量は200mg程度といわれていますので、ベガリアはL-シトルリンをはじめとする主要成分を十分に摂取できるように配合設計されているのです。

 

ゼノシード 男性の悩みをパワフルサポート!

ゼノシードL-シトルリンを主成分とした、活力を取り戻したい、あるいは維持強化したい男性向けのサプリメントです。
 

L-シトルリンを中心としてトンカットアリ、マカ、スッポン、亜鉛、アカガウクルア、ムクナ、ガラナ、L-アルギニンを配合しています。

ゼノシードの特徴的なポイントは、無駄な配合成分を含んでいないこと、そして着色料や賦形剤など不要な添加物を一切含んでいないところです。
 
 
詳細は以下リンク先をご覧下さい。
 

⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!

ハーブ系の精力剤で毎日に活力を!

ハーブ系の精力剤でハッピーな人生を送ろう

以上、精力剤とはどんなものか、ハーブ系の精力剤の魅力でした。男性機能の低下は、男性にとって非常につらいことですし、パートナーに知られたくないという気持ちが大きいものだと思います。

精力剤やハーブ系の漢方及び精力剤を上手に利用して、「いくら射精しても萎えなかった若かりしあの頃の自分」を取り戻しましょう。

勃起力が極端に衰えている場合には、医師の診断を受けてからバイアグラやレビトラを利用し、食事と運動習慣の改善でなんとかなりそうな場合は精力剤、ハーブ系の漢方精力剤を利用すると良いでしょう。

人によってはバランスよく両方を摂取することを医師に勧められますので、過剰摂取や副作用で苦しまないように精力増強に取り組んでください

⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング

error: Content is protected !!