【ペニスを硬くする方法と秘訣】勃起時の硬さをガチガチにアップするために

「年齢とともに、勃起力が低下してきた気がする」
「セックスのときに、ギンギンに勃たなくなってきた・・・」

そんな悩みのある中高年は多いのではないでしょうか?

加齢に伴うもので仕方ないとはいえ、やっぱり寂しいですよね。何より、セックスで相手を満足させられるか不安になってしまうと思います。

実は、勃起力低下に悩む男性にショッキングなデータが。

メンズ専門サロン「ゴリラクリニック」によるアンケートによると、「女性がペニスに最も求めているものは勃起時の硬さ」という結果だったのです。

女性が男性器に求めるもの

出典:ゴリラクリニックdig

このアンケート結果を見てみると、ペニスの「太さ」や「長さ」よりも「硬さ」が重要と思っている女性の方が多いことが分かります。

だからこそ、ガチガチの硬いペニスを取り戻したいですよね。

そこで今回は、「誰でも簡単にできる!ペニスを硬くする方法12選」を紹介します。これらを実践すれば、セックスで彼女をとりこにできる事でしょう!

ペニスを硬くする方法

 

目次

誰でも簡単にできる!ペニスを硬くする方法12選

元気のないフニャチンをガチガチの硬いペニスにするのには、12の方法があります。

それぞれの方法について、ざっくりと解説していきましょう。

ペニスを硬くする方法1|勃起薬(バイアグラなど)

ペニスを硬くする方法として、筆頭格となるのがバイアグラなどの勃起薬でしょう。

勃起薬とは、ED(勃起不全症候群)の治療薬のことで、クリニックで処方されます。

バイアグラ

勃起薬で勃起するメカニズム

EDというのは、勃起のメカニズムの過程に異常がある状態を指します。

本来、男性の体内ではcGMP(サイクリックGMP)という血管拡張作用のあり勃起を促す物質と、cGMPを破壊し勃起を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が、バランス良く働くことで、正常な勃起が行われます。

しかしcGMP の生成量は年齢とともに減少するので、PDE5がバランス的に多すぎる状態(常に勃起が阻害されている状態)になることがあります。これがEDのメカニズムです。

勃起薬は、このPDE5の作用をブロックすることで、一時的にPDE5が過多状態を改善し、正常に勃起させるための医薬品。

これによって、勃起時の硬度が増すほか、中折れもしづらくなるというメリットがあります。

ただ、いくら医薬品といっても、勃起薬は根本的な解決にはならないので注意が必要。勃起薬の効果は一時的なもので、飲むのをやめればまた元通りになってしまいます。

ペニスを硬くする方法2|コックリング

コックリング

コックリングとは、ペニス根本に装着するリング状の器具のことです。ペニス内の血流を留めることで、ペニスがより硬くなるというものです。

使い方はごくシンプルで、勃起前のペニスに指輪のようにはめるだけ。これによって、勃起したペニスが根本が締め付けられ、血液がペニス外へ流れるのを防ぎます。

ただ、ペニスに血流が集中しすぎて、リングが外すことができなくなったり、細胞が傷つく恐れがあるので、装着し過ぎに注意。

コックリングを使うときは、使用方法をしっかり守りましょう。

コックリングは、見ればすぐに使用がバレるので、パートナーに秘密で使いたい人に不向きかもしれません。
効果は一時的で、使用をやめれば元通りになるのもデメリットといえます。

ペニスを硬くする方法3|亀頭増大術

亀頭増大術

出典:ハニークリニック

亀頭増大術とは、アクアミド、パフォームなどの医療用で安全性の高い薬剤を、亀頭全体やカリの部分に注入し、ハリを出すことで、亀頭をより硬く、大きくする方法です。

手術というと、二の足を踏む人も多いと思いますが、手術自体は痛みもほとんどなく、効果はすぐにあらわれるのが最大のメリットです。

ネックは、保険適用ではないためコストがかかること。より安全性の高いヒアルロン酸など、時間とともに体内に吸収される薬剤を使用したときは、効果に限りがあり、再度、手術を受ける必要があります。

また根本的な解決法ではないのも、デメリットといえるでしょう。

ペニスを硬くする方法4|チントレ「ジェルキング」

ジェルキングは、チントレ(ペニスのトレーニング)の一種です。海外では一般的に行われていますが、日本ではほんの一握りの人しか実践していません。

ジェルキングは、手指でペニスに刺激を与えることで、ペニスへの血流を促し、勃起力を高めることが目的です。

やり方は、半勃起の状態にし、人差し指と親指で輪っかにして、ペニスを15~20分くらいしごきます。

そうすると、ペニスへの血行が促され、いつも以上にペニスが膨らみ、硬くなってきます。ある程度継続する必要がありますが、早ければ1~3ヶ月の実践で効果があらわれます。

ペニスを硬くする方法5|PC筋トレーニング

PC筋とは?

ペニスを硬くする方法4|チントレ「ジェルキング」

ジェルキングは、チントレ(ペニスのトレーニング)の一種です。
海外では一般的に行われていますが、日本ではほんの一握りの人しか実践していません。
ジェルキングは、手指でペニスに刺激を与えることで、ペニスへの血流を促し、勃起力を高めることが目的です。

やり方は、半勃起の状態にし、人差し指と親指で輪っかにして、ペニスを15~20分くらいしごきます。

そうすると、ペニスへの血行が促され、いつも以上にペニスが膨らみ、硬くなってきます。
ある程度継続する必要がありますが、早ければ1~3ヶ月の実践で効果があらわれます。

ペニスを硬くする方法5|PC筋トレーニング

PC筋とは?

PC筋

PC筋とは『pubo coccygeus muscle』の略称で、和名は「骨盤底筋」「恥骨尾骨筋ちこつびこつきん」などと呼ばれています。肛門周辺の筋肉で、主に排泄をコントロールする働きがあります。

そのほか、PC筋は勃起時にペニスに集中した血液を、海綿体の外に流れ出すのを防ぐ働きもあるので、これを鍛えることで勃起時間が長くなったり、中折れしづらくなります。

また、射精コントロールがしやすくなるというメリットもあります。

PC筋の鍛え方

PC筋のトレーニングには、特に器具の類は要りません。ただ肛門を開け閉めすることで、徐々に鍛えられていきます。

ただ、やりすぎは炎症が起こるなどトラブルの元なので、正しい方法で実践しましょう。

【PC筋トレーニングの方法】

  1. 5秒かけてゆっくり肛門を締める
  2. 締まり切った状態を5秒キープ
  3. 5秒かけて肛門を開く

1~3を10回で1セットとし、1日4セット行ってください。効果は緩やかにあわられるので、毎日続けるようにしましょう。

早ければ1ヶ月くらいで、効果を実感できてきます。

ペニスを硬くする方法6|スクワット

スクワット

スクワットと勃起力の向上、一見、関係なさそうですが、そうでもありません。

太ももはペニスと近い位置にあり、スクワットで太もも周辺の筋肉を鍛えることで、海綿体への血流量もドンドン増えるというわけです。

あの有名なAV男優しみけんさんも、「精力増強にはスクワット!」と言い切っていることからも、効果のほどが伺えます。

スクワットも、先ほど紹介した「PC筋トレーニング」と目的は同じです。下半身(太もも・お尻)の筋肉にアプローチをすることで、PC筋をはじめとしたインナーマッスルが鍛えられ、勃起力向上、精力増強につながります。

超初級者向けスクワットのやり方

腰痛持ちの人や、運動不足でいきなりハードなトレーニングが難しいという人は、まずはこちらのスクワット法を参考にしてください。

座った状態でできるスクワットは、オフィスでも実践できます。

参考:YouTube

スクワットは最高の体幹トレーニング!!(体幹部と下半身の連動性を高める)

中級者向けスクワット「SIT」のやり方

SITとは、「スプリント・インターバル・トレーニング」の略称です。

「全力での運動(20秒)と休憩(2分間)を3回繰り返す」というごく短時間の運動で、45分の有酸素運動と同程度の運動効果があります。全て通しでやると5分強で終了します。

時短運動の最高峰とも称され、効果もさることながら、トレーニングはとてもハードです。

継続して行うことで、体幹が鍛えられ、身体の筋肉量も増加するだけでなく、勃起力向上、硬度アップにもつながります。

参考:YouTube「How To Do a Burpee」

ペニスを硬くする方法7|適度な射精

射精

仕事が忙しかったり、精力が減退すると、オナニーの頻度も減ってきます。全く射精しないと男性機能も弱まってしまうので、適度に抜くことが大切です。

(ただ、毎日のように射精しても健康に影響はしませんが、男性ホルモン分泌量が減ってきた中高年世代は、若い頃のように頻繁にオナニーしていると、精子不足や勃起力減退に陥ることがあるので注意。)

最近、勃起力低下が気になってきたという人は、3日に1回くらいにし、セックス前の3~数日間はオナ禁した方が良いでしょう。

ただ、オナ禁しすぎは、男性ホルモンの分泌量が減少してしまうことが分かっており、男性機能の減退にダイレクトにつながります。

セックスの予定がなければ、コンスタントに抜くことを意識してください。

ペニスを硬くする方法8|禁煙

禁煙1

ED患者の約50%に喫煙習慣があるというデータがあるくらい、タバコが男性機能に与える悪影響は明らかです。
喫煙者で最近、勃起力が低下したなと感じる場合は、禁煙を始めましょう。

ニコチンには血管を収縮させる働きがあり、タバコを吸い続けると、動脈硬化やED(勃起不全)などの罹患リスクが高まります。

男性機能だけでなく、健康面、アンチエイジング面、全ての点においてタバコは害でしかありません。

できれば、スッパリと禁煙してください。とはいえ、なかなかすぐには禁煙が難しいという人も多いと思います。

タバコの本数を減らすだけでも、ある程度、男性機能回復に効果があることが分かっているので、まずは減煙からスタートしましょう。

ペニスを硬くする方法9|減酒・禁酒

禁酒禁煙

少々の飲酒なら、アルコールが中枢神経の作用を抑えて、緊張やストレスを和らげるという働きがあります。

女性と接するとき、緊張し過ぎて勃たなくなるという人には、アルコールは良い影響を与えることもあるでしょう。

しかし、飲み過ぎると勃起中枢を麻痺させて、逆に勃起力が低下してしまいます。

また、アルコールは分解されるときに肝臓に負担をかけますが、肝機能が低下すると、男性ホルモン「テストステロン」量が減少してしまうことが分かっています。

なので、基本的にアルコールは男性機能に悪影響を与えることを知っておいてください。

ペニスを硬くする方法10|ダイエット

ダイエット

太っている人は、健康面もさることながら、腹部の脂肪にペニスが引っ張られ、ぜい肉の中に埋もれてしまい、「短小になりやすいというデメリットがあります。

中年太りで埋没包茎になる場合もありますが、基本的には標準体型に戻せば改善します。

BMI(体格指数)が肥満にあたる人は、標準体重に近づく努力をしてください。

BMI指数では25以上で「肥満」と判断します。

BMI値が高い人は運動や食事に気をつけ、適正体重(BMI数値:18.5~25未満)に戻すようにダイエットを始めましょう。

ペニスを硬くする方法11|食生活の改善

栄養バランス

若いころの勃起力を取り戻すには、日々の食生活の見直しが不可欠です。

基本的には「ビタミン」「ミネラル」「たんぱく質」をバランス良く摂ることで、男性機能向上につながります。

脂肪分や糖分過多のジャンクフード、インスタント食品を極力減らし、「肉・魚」「野菜」「大豆製品」などをバランス良く摂れるメニューを意識しましょう。

精子の材料となる「亜鉛」を多く含む牡蠣やレバー、血流改善や成長ホルモン分泌の促進作用のある「アルギニン」を含む大豆食品は、積極的に摂りたい食べ物です。

食事改善のポイント

アミノ酸を摂る

アミノ酸の一種である「アルギニン」は、勃起の硬さに大きく寄与する成分です。

アルギニンを摂ると、体内ではNO(一酸化窒素)が作られ、結果、血管が拡げられます。

この作用によって血流が促進され、ペニスの海綿体に流入する血液量も増加することで、ギンギンに勃起した硬いペニスとなるワケです。

アミノ酸を効率良く摂るには、低脂肪・高たんぱくな肉・魚類を食べたり、プロテイン飲料を飲むのも効果的です。また、「すっぽん」「まむし」といったスタミナ食材も、良質なアミノ酸を多く含んでいます。

脂質・糖質を抑える

いくら肉類にアミノ酸が豊富だとはいえ、摂り過ぎは脂質過多になります。さらに、ごはんや麺類がメインの日本人の食生活は、常に糖質過多状態。

放っておけば、血液がドロドロになり、血流が停滞気味になってしまいます。これでは、海綿体に十分な血液が行き渡りません。

ちなみに糖尿病の人がEDになりやすいのは、血糖値が上昇することで血液がドロドロになるためです。

脂質・糖質を減らす食事を意識し、野菜を多めに摂りましょう。

アリシンを摂る

アリシン

アリシンは、「タマネギ」「ネギ」「ニンニク」などに、豊富に含まれています。

血液サラサラ効果があるので、海綿体への血流量を増やすのにも寄与します。また、疲労回復効果もあるので、スタミナアップにも。

ペニスを硬くする方法12|精力剤(サプリメント)

精力剤(サプリメント)とは?

ペニスを硬くするサプリ

精力剤(サプリメント)とは、勃起力向上や精力アップに効果が期待できる成分を、総合的に配合した健康食品のことをいいます。

マルチミネラルとかマルチビタミンの、メンズ版という立ち位置でしょうか。

セックス前に飲むドリンクとは異なり、続けて飲むことで、継続的な効果を実感できるのが大きなメリットです。

精力剤というと「本当に効果があるの?」と思う人もいるかもしません。

しかし、サイト管理人も数々の精力剤を試してきましたが、勃起力向上、精力増強効果を確かに実感できています。

精力剤で自信復活

精力剤で勃起力が向上する仕組み

ガチガチの勃起力を取り戻すには、「アルギニン」と「シトルリン」の2大成分が必要です。

アルギニン

アルギニンは、一酸化窒素を産生して血管拡張作用があるので、勃起力向上に直接的に寄与します。

勃起力が低下するのは、血液がドロドロになって血管が硬くなり、十分量の血液がペニスに行き渡らなくなることが、大きな要因の1つです。

アルギニンは、このような症状を改善する効果が期待できるのです。

シトルリン

シトルリンにも、アルギニンと同様、血管拡張作用があります。

この働きによって、海綿体の毛細血管が拡げられ、十分な量の血液が流入して、ガチガチのフル勃起となります。

「アルギニン」「シトルリン」の同時摂取でさらなる相乗効果!

2つの矢印

アルギニンとシトルリンを同時に摂取すると、相乗効果が働き、さらに一酸化窒素を生成し、ペニスに流れ込む血流が増えて、勃起力がアップします。

このため、アルギニンとシトルリンが最低限配合されていることが、精力剤選びに最低ラインになります。

また、男性ホルモン「テストステロン」量を増やし、精液の材料ともなる亜鉛も、精力増強に効果的です。

勃起力を高めるには、「アルギニン」「シトルリン」「亜鉛」の3つの成分が、バランス良く配合されているものが、精力剤選びの最適解となります。

精力剤にデメリットはある?

ただし、精力剤はあくまでサプリメントで、勃起薬と違い医薬品ではないので、飲んですぐに効果があらわれるという性質ものではありません。

勃起力向上・精力増強に期待できるな成分を継続的に摂ることで、少しずつ効果を実感していくものなのです。

人間の細胞は、完全に入れ替わるのには3~6ヶ月程度はかかるので、少なくとも3ヶ月は継続して飲むようにしてください。

医薬品ではない代わりに、副作用はほぼないので、安心して続けられます。

サプリでギンギンペニスに!高確率で実現させる唯一の方法

サイト管理人は、一部の優良精力剤を飲んでからは、勃起時のペニスも硬くなり、サイズアップにも成功しています。

中身のある精力剤は継続的に摂取すると本当にガチガチの硬いペニスになります。

でも、サプリメントの効果に疑問を持っている人も多いかもしれません。

実は以前は私もそのうちの1人でした。

でも、私が実際に何種類も試したうち、ある精力剤は別格でした。

他の精力剤では全く変化がなかったフニャチンが、開始後二ヵ月程で明らかに勃起時のペニスが硬くなっているのを体感しました。

硬い勃起ペニス

精力剤を飲み続けることで、ギンギンにフル勃起するようになっただけでなく、精力もアップし、最近では考えられなかった二回戦目へ持ち込むことも可能に。

ただ、当然ながらどの精力剤でも効果が実感できる訳ではありません。(というより、効果の無い粗悪品の方が遥かに多いです)

やはり、勃起力向上やサイズアップに期待できる成分が、十分に、かつバランス良く含まれているものでなくてはダメで、それは、精力剤のパッケージ表記を購入前に分析調査する事で見極める事が可能です。

そうは言っても、正確な分析には一定以上の専門知識が必要なため、普通の人には簡単ではありません。

そこで当サイトでは、今ちまたで人気あるいは効果アリと噂のあらゆる精力剤パッケージ表記を徹底分析効果が期待出来る商品を3つに厳選する事に成功しました。

その中の1つが先述の精力剤という訳です。

では、気になる「その3つの精力剤」とはどんな銘柄なのか?

以下の記事で紹介していますので、精力剤の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば粗悪品を間違って購入するリスクも格段に減らせますので、オススメです。

⇒【最新】人気の精力剤 成分分析/効果比較結果はこちら!

【まとめ】

いかがでしたか?

ここで改めて、ペニスを硬くする方法をまとめてみましょう。

ペニスを硬くするには12の方法があります。

  1. 勃起薬(バイアグラなど)
  2. コックリング
  3. 亀頭増大術
  4. チントレ「ジェルキング」
  5. PC筋トレーニング
  6. スクワット
  7. 適度な射精
  8. 禁煙
  9. 減酒・禁酒
  10. ダイエット
  11. 食生活の改善
  12. 精力剤(サプリメント)

1~11のデメリットとしては、下記のポイントが挙げられます。

  • 即効性はあるが、根本的な解決にならない(勃起薬、コックリング、亀頭増大術、オナ禁)
  • 副作用がある(勃起薬)
  • 効果があらわれるのに非常に時間がかかる(禁煙、禁酒、ダイエット、食生活の改善)
  • 毎日続けるのが面倒(ジェルキング、PC筋トレーニング、スクワット)
  • すぐに実践するのが難しい(禁煙、禁酒、ダイエット、食生活の改善)

その点、12の精力剤(サプリメント)は、

  • 体内から体質改善がされるため、根本的な解決になる
  • 副作用がない
  • サプリを飲むだけなので、毎日続けるのが簡単
  • 商品が届いたら、その日から始められる
  • 即日効果はあらわれないが、早ければ1~3ヶ月で効果が実感できる

と、メリットがいっぱい。

サイト管理人も、一番推したい方法です。

しかし、精力剤は亀頭増大術ほどではありませんが、その他の方法と比べて、ある程度コストがかかります。

となると、精力剤選びに絶対失敗したくないですよね。

そこで、サイト管理人が実際に色々試した結果、本当におススメできる精力剤だけを、以下別記事で厳選して紹介しています。

⇒【最新】人気の精力剤 成分分析/効果比較結果はこちら!

 

また、パッケージの成分表示の分析方法を解説した記事も役に立つと思いますので、合わせてご覧下さい。

⇒「パッケージ成分表記の分析方法」解説記事

最後までお読み頂きありがとうございました。

ペニスを硬くする方法

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!