精力剤による倦怠感という副作用が見過ごせない理由とは

倦怠感のパターン

肉体的な倦怠感

倦怠感は、身体の重さ、やる気のなさ、全身のだるさと例えられることが多いですが、一番わかりやすいのは寝起きに布団から出たくない時のあの気分を倦怠感と表現すると分かりやすいでしょう。

精力剤を飲むとこの倦怠感という副作用が出てしまうことがあり、セックスどころではなくなることもあります。

倦怠感が発生した場合は、まず、どんな時に、どの程度の症状が起きたのか覚えておく必要があります。食事の内容や前日の体調なども大切で、時にはお酒やタバコが原因となっていることもあります。

仕事や運動などで疲れている時に症状として出てくる倦怠感は大半が肉体的な倦怠感で、十分な休息をとる事で回復してくる事も多いはずです。

精神的な倦怠感

仕事や家庭での精神的ストレスによって出る倦怠感は、肉体的な疲れとは違って分かりにくく、休息をとっても治りにくい面があります。長引きやすいため、うつ病や適応障害など他の精神的な病気へと発展する可能性がありますので注意した方がいいでしょう。

栄養不足による倦怠感

本来の身体に必要な栄養が不足している事で起きる倦怠感があります。人の身体に必要な栄養素である炭水化物やビタミン類、鉄分は不足する事で倦怠感が出てくる事があります。

時には栄養不足と肉体的な疲れや精神的疲れが重なって倦怠感が出る事もあります。そうした疲れやだるさには、必要に応じて精力剤や栄養剤が効果的でしょう。

栄養不足で起きている倦怠感は、食欲不振にもつながるため、場合によっては摂食障害や栄養失調などを招くこともあります。だるいときこそ、食事を見直して、食べたりていない場合には無理をしてでも何か食べて栄養補給しましょう。ウイダーinゼリーやプロテインでもいいので、栄養を取れば体調が改善することがあります。

精力剤による倦怠感

栄養不足や肉体的疲労による倦怠感等を改善するために精力剤を使用する事があるでしょう。しかし精力剤の成分である亜鉛やカルシウムの過剰摂取により、まれに倦怠感が起きる事があります。

サプリメントの過剰摂取でも倦怠感は起こりますので、注意が必要です。ビタミン類のサプリメントで過剰摂取はそんなに発生しないのですが、ミネラル分は体内ですぐに消化吸収されないので蓄積されて副作用が出てしまいます。

精力剤による倦怠感はどうやって起きる?

どの成分が倦怠感を引き起こすのか

男性用の精力剤ではもちろん有効な効き目はありますが、精力剤のある成分の過剰摂取による副作用のことを知っておかなければならないでしょう。

精力剤の効果を高めるために、たくさんの精力剤を飲めばその分効き目があると思っている人もいるかもしれません。しかし精力剤は3倍の量を飲めば、3倍の効き目があるというわけではありません

過剰に摂取する事で効き目とは違った副作用が出てきてしまいます。精力剤の成分に亜鉛が含まれている場合、過剰摂取によって倦怠感という副作用を招く恐れがあります。

また、普段摂取したことのない成分を、高濃度で補給すると栄養成分量的には問題がなくても消化にばかりエネルギーが使われて倦怠感を感じる人もいます。さらに、サプリメントを飲んでからアレルギー持ちだったことに気づいて、そのアレルギー症状の一つとして倦怠感が出ていることもあります。

この倦怠感とは風邪の引き始めのような身体のだるさや、微熱を伴います。もともと倦怠感の原因には、ビタミン、ミネラルなどの栄養素やエネルギーの不足、身体を酷使した時の疲労の蓄積、精神的ストレスによる脳の疲労などがあげられます。

しかしサプリメントの過剰摂取による副作用では、休息しても倦怠感が治らない場合もありますから注意が必要です。倦怠感がひどくなると、動く事も億劫になりますから仕事へのやる気が損なわれます。

サプリによる倦怠感は風邪の症状にも似ていますから、気がつきにくいという側面があります。風邪の症状は1週間もすればおさまりますが、サプリの副作用による倦怠感は症状が簡単におさまりません。

たかがサプリメントと思って過剰に摂取すると、そうした倦怠感などの副作用の症状が出てきてしまいます。トラックやクレーン、ショベルカーのような重機を操作する仕事の方は、仕事前に体に合わない精力剤は飲まないようにしないといけません。倦怠感と眠気で大きな事故を起こす可能性もあります。

亜鉛の特性

亜鉛は魚介類、肉類、野菜、海藻、豆類に多く含まれていますが、特に牡蠣には100g当たり13.2mgも含まれています。その他では魚類と肉類に多く含まれています。

亜鉛が不足すると、タンパク質やDNAの合成が正常に行われず、成長障害が起こります。また亜鉛が不足する事で、味を感じにくくなる味覚障害になる可能性もあります。

その他亜鉛不足の影響で、食欲不振、貧血、生殖機能低下、皮膚疾患、脱毛、下痢、免疫力の低下、低アルブミン血症、神経感覚障害などのさまざまな症状が出てきます。

また、加工食品に多く含まれる食品添加物は、亜鉛の吸収を阻害し亜鉛欠乏になる場合もあります。ですから偏った食生活やアルコールの摂取によって、亜鉛の吸収ができず排出される事になります。

亜鉛は適量さえ守れば、安全なミネラル食品です。もし副作用がでるとすれば、亜鉛の過剰摂取が原因となる場合が多いでしょう。亜鉛サプリは抜け毛や薄毛対策としても多く使われています。

しかし効き目が足りないからといって規定量以上に飲めば、副作用の症状を招く恐れがあります。亜鉛の吸収力は他のミネラル成分に比べると、食品から摂取できる率は30%程度と少ないようです。

ですから既定の摂取量を守っていれば、副作用が出る事はあまりないでしょう。また、一時的に多めの量を摂取したとしても汗や尿で排出されますから、重篤な症状が出る事はありません。

亜鉛はミネラル成分の中でも毒性が低いものですから、たとえサプリから摂取したとしても、基本的に心配するような副作用はないといわれています。

亜鉛が多く含まれている牡蠣を食べた場合は、亜鉛サプリメントは合わせて飲まないようにするのが常識です。体内で亜鉛残存量が多くなりすぎれば、じわじわと体内で過剰摂取になっていって、銅の吸収が阻害されて、じわじわと身体のあちこちに異常をきたし始めます。

完全に元のバランスが取れている状態に戻るまでに2日から3日かかることもあるので危険を伴います。

亜鉛の副作用

倦怠感

亜鉛の副作用の中には意外かもしれませんが、全身の倦怠感というものがあります。症状としては風邪の引き始めのような全身のだるさが出てきます。症状がひどくなると何をするにも億劫な状態になります。

こうした倦怠感は風邪の症状だけでなく、普段の身体的疲労や精神的疲労でも起こりますから分かり辛いかもしれません。特に亜鉛の過剰摂取による倦怠感は、既定の摂取量を守るようにしないとなかなか解消できません

頭痛・発熱

亜鉛のサプリでの副作用で比較的多いのが、この頭痛と発熱です。風邪で熱が出た時の症状に似ているのは、倦怠感と共通した症状でもあります。頭痛は通常の片頭痛などの痛みではなく、どちらかというと眩暈やふらつきといった症状に近いようです。

吐き気

亜鉛のサプリを飲んで、吐き気を覚えるという人はいるようです。この症状は過剰摂取もありますが、飲んだ人の体調やタイミングなどによっても起こる症状です。

特に空腹状態での亜鉛の摂取は吸収力が普段よりも高くなっていますから、その分胃や腸への負担が大きくなってしまいます。

胃腸の具合が悪い時は、たとえサプリとはいえタイミングによってはそうした吐き気などの副作用が出やすいことを覚えておいた方がいいでしょう。

亜鉛による副作用を起こさないために

規定量を守る

亜鉛の1日の必要含有量は女性では8mg、男性では10mgといわれています。亜鉛のサプリを飲む人は、亜鉛不足を補うために飲んでいるはずです。

しかしなかなか効果が出なかったりするとどうしても規定量以上に飲んでしまいがちです。飲むとしても欧米基準の亜鉛摂取量までにしましょう。男女ともに15mgくらいは亜鉛を摂取しても大きな副作用にはなりません。

日頃不足しすぎている場合もあるので、推奨摂取量だけ飲んでも効果は皆無です。地道に毎日継続摂取する場合は1日10mgが理想だというものです。

亜鉛による副作用の一番の原因は過剰摂取です。規定量を少しだけ上回って飲んでいたとしても、それが継続的になっていたらそれだけ副作用の危険度が増す事になります。

通常の食事による亜鉛の過剰摂取の可能性はほとんどありませんが、サプリメントによる過剰摂取で銅欠乏、貧血、胃の不調といったさまざまな健康被害が出てきます。亜鉛の1日の上限摂取量は男性で45mg、女性では35mgといわれています。

空腹時の摂取は避ける

空腹時に亜鉛のサプリを摂取する事で、普段よりも吸収力が大きくなって胃や腸に負担をかけてしまいます。その結果吐き気などの胃の不調を呼び起こす結果となります。亜鉛のサプリは規定量と共に飲むタイミングにも注意する必要があります。

良質の亜鉛サプリを選ぶ

同じ亜鉛のサプリでも亜鉛の含有量や、亜鉛以外でどんな成分が入っているのかを確認して、自分にあったサプリを選択する必要があるでしょう。

亜鉛のサプリには亜鉛以外に、乳化剤・ビタミン・セレン・クロム・ナトリウムなどの成分が入っていますし、その含有量もどこかに記載されているはずです。

亜鉛サプリメント以外にも、最近ではマルチビタミンサプリメントに1mgから3mgほど亜鉛が含まれていることがあります。さらに、カルシウムサプリメントにも同じくらい微量な亜鉛が含まれているため、それらをまとめて亜鉛摂取量を把握しないと知らぬうちに過剰摂取になっている事もあります。

気になる着色料や添加物が入っていないかもチェックしておくべきでしょう。牡蠣などの天然の素材から作られていて、しかも、十分かつ安全な亜鉛の含有量のあるサプリを選ぶ事が大切です。

素材によっては甲殻類アレルギーを起こすかもしれないので、まずはサプリメントを半分、または、4分の1サイズにして小さくし、問題が起きないか医師に相談しながら飲んでみてから規定量摂取するなどの工夫と努力も必要です。

⇒【人気の精力剤】効果分析&ランキング結果はこちら!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!